【帯広】10日から始まる甲子園高校野球交流試合に出場する帯広農業高野球部の壮行会が31日、同校で開かれた。新型コロナウイルスの影響で中止となった今春の選抜大会の全校応援で、使う予定だったオレンジ色のTシャツを全校生徒と教員が着用し、選手たちにエールを送った。

 壮行会はコロナ対策のため、会場を各教室と体育館に分散して行い、生徒や教員約650人が参加した。井村塁(るい)主将(3年)が校内放送を通じ、「練習してきたことや仲間を信じ、一戦必勝で臨みます」と決意を表明。応援団長の細田洋史(ひろ ふみ)さん(同)も放送室から「フレッフレッ帯農!」と力いっぱい激励した。

...    
<記事全文を読む>