東北地区高校野球宮城大会は30日、石巻市民球場で準決勝2試合があった。仙台育英は仙台一を7―1で、仙台は東陵を4―1で下し決勝に進んだ。決勝は8月1日午前10時から、仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城。

 34年ぶりの夏4強の舞台。仙台一は全力を出し切った。
 快進撃を支えた奥山と篠村の右腕2枚が、仙台育英打線に屈した。一回、篠村が制球の落ち着かないところを狙われ2失点。二回は守備の乱れも痛かった。五回途中から登板した奥山は六回に長打を浴びて失点。四回に2点差まで迫ってからは膠着(こうちゃく)状態が続いていただけに、勝負を分ける大きな1点だった。
<記事全文を読む>