▽準決勝
東 陵010000000-1
仙 台00220000×-4

 【評】仙台の投打がかみ合った。0-1の三回、加藤、大久保の連続適時打で逆転し、四回にも金井、西野の連打でリードを広げた。先発鎌田は1失点完投。東陵は先発佐藤柳が四回途中4失点で降板。打線も二回の平間の適時打のみに終わった。

 ○…22年ぶり夏の決勝進出 仙台は甲子園大会に初出場した1998年以来、22年ぶりに夏の大会で決勝に進んだ。好投手対決を制した主戦鎌田は「意識はしたが、落ち着いて投げられた」と、平常心と書かれた帽子のつば...    
<記事全文を読む>