熊本県南部を襲った豪雨で被災した同県人吉市の球児が、最後の夏を迎えている。31日に同県八代市で行われる独自大会の城南地区大会では、人吉二中でチームメートだった6人が在籍する球磨工と人吉が対戦予定。級友の自宅の復旧作業を手伝うなど6人は、コロナ禍と災害に揺れた3年の夏を笑顔で終えようと試合に臨む。

 6人は球磨工の三宅毅(18)、福嶋優貴(18)、布見謙成(17)と、人吉の森下大輝(18)、簔毛(みのも)裕司(17)、原口聖動(18)。豪雨でうち5人の自宅が被害を受けた。

 4日朝、濁流が三宅の家の中に押し寄せた。三宅は泣く妹を2階に避難させ、家具や野球道具も運ん...    
<記事全文を読む>