何度、救われただろう。ピンチになると、嬬恋の少年野球チームで一緒だった三塁の佐藤泰輝が必ずマウンドに駆け寄ってくれた。「よく励ましてもらった。ここ一番というときに、心を落ち着かせることができた」。守備で右横にいる仲間のおかげで、いつも強気に投げられた。

◎共に甲子園目指す仲間 「特別な存在」
 中学校では別々の道を歩んだ。甲子園を見据えて佐藤は硬式のボーイズに入り、自身は軟式の野球部を選択。理由は「迷ったけど、レベルの高いところに行くのが不安だった」。その思いをかき消すように練習に励み、最後は群馬県選抜として全国大会8強入りを果たすまでに成長できた。 <記事全文を読む>