夏季高校野球長野県大会に出場している佐久平総合技術高校(佐久市)野球部は、佐久市内にある2カ所の「キャンパス」でそれぞれ学ぶ生徒でつくるチームだ。他校と比べ全体練習の時間を取りにくい環境だが、練習に工夫を重ねて19日に5年ぶりの公式戦勝利を果たした。
 同校は2015年4月に旧北佐久農業高、臼田高などを統合して開校。佐久市岩村田の「浅間」、同市臼田の「臼田」の2キャンパスがある。マネジャーを含め部員は浅間に23人、臼田に9人。両キャンパス間は車で片道20〜30分かかる。選手の移動用バスを運転する顧問の柳沢桂吾さん(28)は「行き来すれば1日に1時間。本当は練習に充てたい」。就...    
<記事全文を読む>