2020年県高校野球交流試合第4日は24日、県営、清原、とちぎ木の花スタジアム(栃木市営)の3球場で1、2回戦計9試合を行い、那須清峰、文星芸大付、佐野が3回戦に駒を進めた。昨夏の県大会で9連覇を飾った作新学院は2-0で足利南に辛勝。宇都宮工は4-2で宇都宮白楊、佐野は1-0で栃木商に競り勝ち、宇都宮南と今市はコールド勝ちを収めた。

 作新学院は三回に金野岳(こんのがく)が中越えソロ本塁打を放つなど五回までに2点をリードし、3人の継投で逃げ切った。宇都宮工は六回に4連打などで3点を先制し、主戦の柿沼陽太(かきぬまようた)が2失点完投した。佐野は七回に小川颯太(おがわそうた)...    
<記事全文を読む>