夏季県高校野球大会は二十四日、浜松、草薙、清水庵原、愛鷹の四球場で四回戦八試合を行い、ベスト8が出そろった。昨夏Vの静岡、準Vの駿河総合、ベスト4の島田商ほか、静岡商、静岡市立、常葉大菊川、聖隷クリストファー、浜松開誠館の顔ぶれ。浜松開誠館は初の8強。準々決勝は二十六日に清水庵原、草薙の両球場で行われる。
 聖隷クリストファーが浜松西に逆転勝ちした。1点をリードされた聖隷クリストファーは五回、同点に追い付いた後の2死満塁から大橋が走者一掃の三塁打を放つなど、この回一挙に5点を入れて流れをつかんだ。
 浜松西は一回に水野の中前打で先制。逆転された五回にも1点を返したが...    
<記事全文を読む>