夏季県高校野球大会の県大会第5日は23日、盛岡市の県営球場で準決勝2試合が行われ、盛岡大付と一関学院が決勝に駒を進めた。

 昨秋県王者の盛岡大付は初回に本塁打で先行し、夏の岩手大会2連覇中の花巻東を4-0で退けた。

 昨秋県3位の一関学院と公立で唯一勝ち上がった高田との対戦は今大会初のタイブレークに突入。延長十三回に一関学院が4-3で逆転サヨナラ勝ちした。24日は休養日。

 最終日の25日は同球場で決勝を行う。

...    
<記事全文を読む>