岐阜県は19日、クラスター(感染者集団)が発生した県岐阜商業高校を29日まで臨時休校とし、同日開幕した「夏季県高校野球大会」など6競技の各大会について出場を自粛すると発表した。硬式野球部は新型コロナウイルスの影響で相次いで公式戦に出場できない事態となり、同部の鍛治舎巧監督は「選手たちに説明する言葉が見つからない」と悔しさをにじませた。

 県教育委員会によると、同校で最初の感染者が確認されたのは15日だったため濃厚接触者に対する2週間の健康観察を考慮して休校期間を29日までとした。「授業を停止するので部活動も停止する」(県教委)として、硬式野球や軟式野球、陸上、水泳、テニス、...    
<記事全文を読む>