須賀川が終盤に勝ち越して会津を退けた。同点の7回は有我の内野安打で勝ち越しに成功した。直後に追い付かれたが、8回は死球で出塁した走者を置き、大越の適時打で決勝点を奪った。会津は2度にわたり同点に追いつく接戦としたが、及ばなかった。

...    
<記事全文を読む>