新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった全国高校野球選手権山口大会の代替大会「やまぐち高校生2020メモリアルカップ夏季高校野球大会」(県高野連主催)は18日、県内4球場で2回戦2試合と3回戦6試合があり、昨秋の県大会を制した豊浦や早鞆が3回戦に進み、宇部や桜ケ丘などが8強入りを決めた。

 豊浦は下関西に12―2、早鞆も下関北を相手に11―0といずれも五回コールドで試合を決めた。宇部・・・

...    
<記事全文を読む>