新型コロナウイルスの影響で中止になった全国高校野球選手権大会の地方大会に代わる「2020年夏季東西都高校野球大会」は十九日、西大会が始まり、15試合が行われた。西大会は東大会と同じ十八日から行われる予定だったが、雨で全試合が中止となっていた。
 「チームメートのみんなに、お疲れさまと言いたい」。市営立川球場で八王子北に敗れた立川国際の3年、有富諒(りょう)主将は、試合後の取材にすがすがしい表情を浮かべた。
 先頭打者になった九回では、2点を追う展開でも焦らず球を見定め、四球で出塁。打線はつながらず、一塁から進めないまま試合終了を迎えたが「自分たちがやってきたことは出...    
<記事全文を読む>