栃木県高校野球連盟が主催する「2020年栃木県高校野球交流試合」は18日に開幕し、8月2日までの延べ8日間、61校59チームが県営、清原、とちぎ木の花スタジアム(栃木市営)の3球場で熱戦を繰り広げる。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため開会式は行わず、保護者を除き原則無観客で行われる。試合は7イニング制で、順調に日程を消化しても8強までで終了する。18日は3球場で1回戦計8試合を行い、昨秋の県王者の青藍泰斗が栃木翔南と対戦する。作新学院は23日に登場する。

 17日は県高野連の理事ら約30人が各球場に分かれ、資材の搬入やグラウンド整備、コロナ感染防止対策用の...    
<記事全文を読む>