夏の甲子園と地方大会中止に伴う青森県独自の代替大会「夏季県高校野球大会」(県高校野球連盟主催)は第3日の16日、青森市、弘前市、六戸町の4球場で1回戦7試合を行った。柏木農は同点で迎えた五回に3点を勝ち越すと、終盤も打線がつながり八戸水に12-1で勝利。むつ工-田名部は、田名部の主戦中野祐太が14三振を奪う力投で「下北対決」を制した。明の星は毎回の17得点で大間に大勝。そのほか青森中央、東奥義塾、弘前実、青森東が初戦を突破した。17日は調整日。18日は青森市、八戸市、弘前市、六戸町の4球場で2回戦8試合を行う。

...    
<記事全文を読む>