夏の甲子園と地方大会の中止に伴う青森県独自の代替大会「夏季県高校野球大会」が始まった14日、球児たちは白熱したプレーを繰り広げた。新型コロナウイルスの感染予防のため、鳴り物や一斉応援が禁じられるなど例年とは違った雰囲気。それでも野球ができる喜びをかみしめながら、ひたむきに白球を追った。

...    
<記事全文を読む>