夏季県高校野球大会の県大会第2日は14日、盛岡市の県営球場など4球場で1回戦の残り8試合が行われ、16強が出そろった。

 盛岡市立は一関修紅に5-3で競り勝った。盛岡北と岩手は無失点で快勝。水沢は一戸を後半に突き放した。昨秋の県大会を制した盛岡大付は逆転勝ち。昨夏王者の花巻東、同4強の黒沢尻工、昨秋8強の盛岡一はコールド勝ちした。

 2回戦は3日空けて18日に行われ、4球場で8試合を実施する。

...    
<記事全文を読む>