◆長崎県高校野球大会 大崎6-1川棚(14日、佐世保市総合グラウンド野球場)

 夏の全国高校野球選手権長崎大会の代替となる長崎県高校野球大会は14日、佐世保市総合グラウンド野球場で2試合があり、昨秋の長崎大会優勝の大崎が、エース田中駿佑(3年)が1点こそ失ったものの、5回まで無安打に抑える力投で好スタートを切った。

 田中が昨秋以来となる公式戦のマウンドで8回を投げ1失点の力投でチームを勝利に導いた。5回まで許した走者は1四球の1人だけ。無安打に抑えていたが、6回1死からバントヒットで初安打を許すと、この回3安打を集められ、1点を失った。「セットポジションに慣れ...    
<記事全文を読む>