2020年三重県高校野球夏季大会(県高野連主催)第2日は12日、1回戦8試合が行われ、川越、四日市南、津西、松阪商、久居農林、白山、津工、紀南が勝った。。

川越は今大会初のタイブレークの末、亀山に延長十回、6―5でサヨナラ勝ち。昨年秋の県大会優勝の近大高専を6―3で下した津工は八回、3年生の菅颯汰の満塁本塁打が決勝打になった。

13日には県高野連から、11日に四日市市営霞ケ浦球場で予定していた3試合の雨天中止に伴う日程変更が発表された。当初12日に同球場で予定していた3試合を18日、3球場(霞ケ浦、県営松阪、ダイムスタジアム伊勢)に1試合ずつ振り分ける。

<...    
<記事全文を読む>