【奥尻】新型コロナウイルスの影響で中止となった全国高校野球選手権大会に代わる道内独自の代替大会出場を辞退した奥尻高野球部は12日、3年生部員の引退試合と引退式を同校グラウンドで行った。町民有志のチームと対戦し、3年生が応援に駆けつけた保護者らに感謝の言葉を述べた。

 同校野球部は選手8人とマネジャー3人の計11人。横山海斗主将(18)、成田青空(そら)選手(18)、川田蓮マネジャー(17)の3年生3人が町内での感染拡大を防ぐために大会辞退を決めた後、「私たちにできる野球の終わり方を考えよう」と話し合い、引退試合を自ら企画。横山主将の父雅弘さん(49)が町民に呼びかけ、対戦相...    
<記事全文を読む>