新型コロナウイルスの影響で中止となった今夏の全国高校野球選手権山形大会に代わる「県高校野球大会2020」が11日、開幕した。感染防止のため、スタンドへの入場を控え部員と保護者らに限定するなど、例年とは異なる雰囲気の中、球児たちは待望の公式戦で躍動した。

 県高校野球連盟が独自に設けた特別な大会。初日は雨のため4試合が順延となったが、5会場で9試合が行われた。入場前に検温を受けた保護者らはマスクを着けて子どもたちのプレーに声援を送り、勝利を一緒に喜んでいた。

 大会には45チームが出場。1、2回戦は県内4地区ごとに行い、3回戦以降の組み合わせは...    
<記事全文を読む>