全国高校野球選手権佐賀大会に代わる「SSP杯県高校スポーツ大会」野球競技が12日、開幕する。3年前の夏の覇者・早稲田佐賀は、臨時休校やテスト期間が重なった影響で、全体練習が再開できたのはわずか3週間前。限られた時間の中、急ピッチでチームを仕上げた。「自分たちの野球をするだけ」と鶴田真大主将。後悔しないよう、全力で最後の夏に挑む。

 唐津市東城内の同校グラウンド。放課後には野球部員たちの元気な声が飛び交う。この「日常」が戻ったのは最近になってからだ。

 新型コロナウイルスの影響で県内の公立学校は春以降に2度、臨時休校となり、部活動も自粛された。休校が明けて大半の学...    
<記事全文を読む>