全国高校野球選手権大会と地方大会の中止を受けて、県独自で開催する「TOYAMA2020高等学校野球大会」の抽選会が十日、富山市吉作の呉羽ハイツであった。昨夏甲子園に出場した高岡商業は初戦となる二回戦で大門と対戦することが決まった。(山岸弓華)
 上市は片山学園と、南砺福野は南砺福光とも連合チームを組み、計四十六チームが出場する。抽選会は、新型コロナウイルスの感染防止のため例年のように選手は参加せず、各校の代表教員がくじを引いて対戦相手を決めた。
 昨年の秋季県高校野球大会で優勝した高岡向陵は、初戦となる二回戦で富山中部と対戦する。高岡商、高岡向陵のほか、未来富山、高...    
<記事全文を読む>