静岡県ゆかりのプロ野球選手らでつくるプロ野球静岡県人会(石川雅章会長)は9日、2020夏季県高校野球大会(11日開幕)を前に、本県出身選手から県内の高校3年の球児に向けた応援メッセージと、大会運営担当者や審判員の熱中症対策用のスポーツ飲料1200本を県高野連に寄せた。

 石川会長、大友義昭事務局長らが静岡市駿河区の草薙球場を訪れ、野部道太県高野連会長に託した。「安心安全の大会運営を願い、選手にも先輩のメッセージを受け止めてもらえたら」と石川会長。野部会長は「感染リスクのある中での大会運営は大変な面もあるが、気遣いに感謝したい」と述べた。

 プロ選手のメ...    
<記事全文を読む>