頂点は譲らない―。昨年秋の三重県大会覇者、近大高専(名張市)は強い思いで、全国高校野球選手権、同三重大会の代わりに11日に開幕する県独自の「三重県高校野球夏季大会」に臨む。昨年秋の県大会で初優勝。選抜高校野球大会の21世紀枠最終候補9校にも初選出された。新型コロナウイルスのため春夏通じ初の甲子園出場の夢は断たれたが、3年生の田島大輔主将は「代わりの大会を開催してもらえることに感謝してしっかり優勝を目指す。ずっと1位のまま終えたい」と力を込める。

田島主将を始め、大阪など関西圏から入学し、尞生活を送る部員が多く、帰省による感染リスクを防ぐ目的で、多くの部員が4月から...    
<記事全文を読む>