新型コロナウイルスの影響で中止となった硬式野球の「第102回全国高校野球選手権三重大会」に代わる県独自の大会「2020年三重県高等学校野球夏季大会」が11日に開幕する。県高野連の加盟校62校60チーム(2チームは合同チーム)がトーナメント形式で対戦し、県の頂点を目指す。

3球場(四日市市営霞ケ浦、県営松阪、ダイムスタジアム伊勢)で土・日曜、祝日に行い、決勝は県営松阪球場で8月2日を予定。雨天中止に備えて予備日を8月8、9、10日の3日間設けるがそれ以降は打ち切りとなる。

3年生を中心に出場機会を増やしてもらうため試合ごとの選手入れ替えを認める。ベンチ入...    
<記事全文を読む>