「2020県高校野球夏季大会」(沖縄県高野連主催)が4日に開幕。躍動し、伸び伸びとプレーする選手たちの表情を切り取る。

 向陽2―4南部工

 向陽先発の3年生エース・與座光から引き継ぎ、八回から登板した2年の神里心優。最終イニングで4失点し逆転を許した。夏の甲子園がなくなり、「3年生の特別な大会」と気負っていただけに、終了後は涙が止まらなかった。

 南部工の校歌が流れると一人だけ顔を上げられなかった。「おまえのせいじゃないって」。先輩に気遣われ、より感情が高ぶる。「ここまで来られたのも先輩たちのおかげだったのに、抑えきれず申し訳ない」。悔しい気持ちを...    
<記事全文を読む>