8月に兵庫県西宮市の甲子園球場で開催される「2020年甲子園高校野球交流試合」の組み合わせ抽選会が8日、招待32校の主将によるオンラインで実施され、九州勢4校の対戦相手が決まった。

【関連】甲子園交流試合の対戦カード決定

 昨秋の九州大会準優勝校で好投手の川瀬堅斗(3年)を擁する大分商は、高校通算47本塁打の井上朋也(同)がけん引する花咲徳栄(埼玉)と開幕試合で対戦。今秋のドラフト候補同士の対決が注目される。

   ◇   ◇   ◇

 特別な夏の開幕試合に決まり、大分商のエース川瀬主将の闘志も自然と高まった。初日の第1試合で2017年夏...    
<記事全文を読む>