全国高校野球選手権沖縄大会に代わる独自の「2020県高校野球夏季大会」(県高野連主催)が4日に開幕した。1回戦の熱戦が続いている。球場で躍動し、伸び伸びとプレーする選手たちの表情を切り取る。

 浦添6―9KBC未来 

 大会第1号に会場が沸いた。一番驚いたのは、本塁打を放った浦添の川満丈矢本人だ。

 1点リードされた場面で「狙っていた」。甘く入った初球をぎりぎりまで引き寄せて大きく振り切る。ミートした瞬間「(長打に)なった」と手応えはあった。打球を目で追いながら一塁を回る。観客、ベンチも見守る打球はレフトポールを直撃。当...    
<記事全文を読む>