2020夏季静岡県高校野球大会の開幕が11日に迫る中、新型コロナウイルスの影響で一時帰郷している浜松市西区のオイスカ高野球部3年、台湾人留学生の呉羿凱(ゴ・ゲイガイ)さんが再来日できずにいる。日本への入国制限が続いているため、大会期間中のチームへの合流は難しい状況だ。
 台湾中部の台中市出身の呉さんは幼少時、テレビ放送されていた甲子園大会を見て、日本の高校野球に興味を持った。中学卒業後、地元の先輩が在学していた縁もあってオイスカ高に進んだ。
 学校に隣接する寮で生活しながら、勉強と部活動に励んできた。入学当初は日本語をほとんど話せない上に、「野球の練習が台湾の時と比...    
<記事全文を読む>