夏の暑さから来る睡眠不足や食欲不振の解消策、野球道具の手入れの仕方…。宇治山田商業高校野球部のグループLINE(ライン)には新型コロナウイルスによる休校期間中、選手たちが共有した個人練習のメニューやレベルアップのヒントがずらりと並ぶ。
 「休校期間が延長され、個々に考えるだけでは限界を感じたようだ」。村田治樹監督(50)は四月下旬、生田圭汰主将(17)らから相談を受けた。
 夏から逆算すれば、ちょうど「組織力」を高めていく時期になるという。そのためにチームが二年前から、活用してきたのが、テーマ別に組織された「班」だった。
 筋力トレーニングを...    
<記事全文を読む>