全国高校野球選手権沖縄大会に代わる独自の「2020県高校野球夏季大会」(県高野連主催)が4日、いよいよ開幕する。甲子園への道は絶たれたが、高校球児の待望の夏がやってきた。新型コロナウイルスの影響で一時は活動ができない期間もあったが、大会開催を信じ球児たちはトレーニングに励んできた。準決勝以降打ち切りとなった春季大会から約3カ月。春よりさらに成長した期待の選手や有力校などを探った。 ...

...    
<記事全文を読む>