夏の甲子園と地方大会の中止を受け、石川県高野連が代替大会として開催する2020(令和2)年度夏季県高校野球大会(北國新聞社など後援)の県大会組み合わせが2日、別表の通り決まった。県大会は11日からの地区予選を勝ち抜いた18チームと昨秋の北信越県大会(本社後援)でベスト8入りしたチームを合わせて26チームで争われる。

 県大会は金沢市の県立、市民両野球場と小松市の弁慶スタジアムで熱戦が展開される。23日に1回戦6試合が行われ、中止された春の選抜大会北信越代表の星稜は地区予選の大聖寺と鶴来の勝者、航空石川は翠星と小松市立の勝者とそれぞれ対戦する。24日に1回戦の残り4試合、25...    
<記事全文を読む>