新型コロナウイルスの影響で中止になった全国高校野球選手権地方大会に代わる独自大会。通常授業が再開されていない高等専門学校の多くが出場を見送る中、兵庫では神戸高専、明石高専の両校が7月18日開幕の夏季県大会(神戸新聞社など後援)への参加を決めた。5年制の高専は遠方の生徒が在籍するため、7月まで通常授業を見合わせている。既に再開している一般の高校に比べ、準備期間は短いが、選手たちは心を一つに晴れ舞台に臨む。

 神戸高専は7月6日に全学年が登校し、7日から通常の対面授業が再開される。野球部はこれに先立ち6月20日に再スタートしたが、活動は土日のみで練習時間も制限が設けられている。...    
<記事全文を読む>