夏季岡山県高校野球大会(7月18日開幕)の組み合わせ抽選会が27日、岡山市であり、対戦カードが別表の通り決まった。硬式部加盟全59校のうち白陵を除く58校が出場。新型コロナウイルスの影響で中止となった全国選手権岡山大会の代替大会で熱戦を繰り広げる。

 感染対策のため主将は参加せず、各校の部長ら約70人が出席し、県高野連の多田一也会長が「多くの人の思いが込められた特別な大会。誇りを持ち、力いっぱいのプレーを見せてほしい」とあいさつ。昨秋の県大会4強のAシード(創志学園、倉敷商、山陽、金光学園)、8強のBシード(光南、倉敷工、岡山東商、関西)、残り50校の順にくじを引...    
<記事全文を読む>