大会屈指の左腕、静岡商の高田は練習試合で藤枝明誠と対決。プロ6球団のスカウトが見守る中、4回を1安打5奪三振無失点に抑えた。最速は144キロ。「明誠は速い球に慣れている。スピードは落ちてもコースに投げ、芯を外すことを考えた」と納得顔だった。試合は3-2で明誠に軍配が上がった。


 第1試合終了後に抽選結果を知った両校。静岡商は2回戦からの登場で、桐陽-星陵の勝者と当たる。主将で捕手の対馬は「(1回勝ったチームに)勢いで負けないように。うまく(高田)琢登を乗せられるようにする」と意気込んだ。


 明誠の初戦は浜松修学舎。2回戦には聖隷クリストフ...    
<記事全文を読む>