子どもの高校最後の舞台を生で見て応援したい―。新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった全国高校野球選手権長野大会の代替大会(7月18日開幕)で、保護者の入場の可否に関係者が注目している。原則として無観客で開催するが、県高野連は野球部員の応援は認め、保護者については「検討中」。こうした中、3年生の保護者を中心に県内各地で入場を求める署名活動を25日まで行った。

 日本高野連が作成した感染防止対策ガイドラインは「関係者(野球部員、保護者)の入場については都道府県高野連が判断する」としている。ただ、県高野連は保護者の入場を認める場合、試合日の2週間前からの行動履歴...    
<記事全文を読む>