県高校野球連盟(県高野連)は24日、宇都宮市瓦谷町の県総合教育センターで臨時理事会を開き、7月に開催する本県独自の公式戦「2020年栃木県高校野球交流試合」について、原則1チーム1試合としていた開催方式を8強まで決めるトーナメントへ変更すると決めた。日程は7月18日~8月2日の計8日間のままだが、9イニング制を7イニング制に変更。保護者の観戦は人数を制限して認めた。組み合わせ抽選会は7月7日に宇都宮工業高で行う予定。

 この日は県高野連加盟校による部長会も開かれ、公式戦の開催方式を改めて協議。トーナメントでの実施を望む意見が多く上がったことから、臨時理事会で開催方式の変更を...    
<記事全文を読む>