県高野連は二十三日、全国高校野球選手権大会と地方大会の中止を受けて開催する独自の県大会の詳細を発表した。大会名は「TOYAMA2020高等学校野球大会」とする。大会は七月二十三日からトーナメント形式で開く。
 
 シード校は、昨年の秋季大会でベスト8の高岡向陵、高岡商業、高岡第一、未来富山、魚津工業、富山工業、高岡南、石動の八校。三年生選手の出場機会を増やすため、例年二十人までだったベンチ入りメンバーを二十五人に増やす。
 
 原則無観客試合とするが、控え部員のほか、三年生の保護者は二人まで応援を認める。開会式は実施せず、閉会...    
<記事全文を読む>