新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった第102回全国高校野球選手権茨城大会の代替えとなる独自大会「2020年夏季茨城県高校野球大会」(県高野連主催)の組み合わせ抽選会が23日、開かれる。抽選会は4地区ごとにそれぞれ行われ、1、2回戦までの対戦相手が決まる。

県高野連によると、連合チームを含め、県北地区が20、水戸地区が24、県西地区が22、県南地区が24の計90チームが出場する予定。昨年よりも3チーム少ない見込み。抽選は例年、主将がくじを引くが、今回は監督らによる代理抽選となる。

大会は感染防止のため、1、2回戦は県内4地区内の学校同士...    
<記事全文を読む>