兵庫県高野連は22日、新型コロナウイルスの影響で中止となった今夏の全国高校野球選手権兵庫大会に代わって開催する独自の夏季県大会(神戸新聞社など後援)に、156チーム(158校)が出場すると発表した。部員不足などで4校が出場を辞退し、161チームが出場した昨夏の兵庫大会からは5チーム減となった。

 チーム数の地区別内訳は、阪神36、神戸36、播淡36、西播30、但丹18。加盟162校(今年5月末時点)中、明石西と蒼開、多可と相生学院はそれぞれ連合チームで臨む。伊和、生野、氷上西の3校が部員不足のため、淳心は準備期間不足のため出場を辞退した。

 大会は7月18日に開...    
<記事全文を読む>