常葉大菊川高野球部の新監督に今春、同校OBの石岡諒哉前副部長(31)が就任した。正捕手で出場した2007年の選抜大会優勝、同年夏の全国選手権4強と黄金時代を築いた新指揮官の公式戦初舞台は、甲子園なき夏の代替大会。「甲子園でいい思いをした自分に3年生の気持ちは分からない。ただ一日でも長く彼らと一緒にやりたい」と、指導に熱がこもる。
 高校時代の恩師、森下監督(御殿場西)直伝の走塁技術を引き継ぎつつ、「自分の色」にこだわる。体づくりを重視し、打撃は打者の個性を引き出していくつもりだ。強打のイメージが強い菊川だが「守れない選手は使わないと言われている」と神谷主将。高橋前監督が導入し...    
<記事全文を読む>