夏の甲子園大会が中止となったのを受け、青森県内球児に「甲子園と同じ土」でプレーしてもらうため、青森銀行野球部の有志と県高校野球連盟がクラウドファンディング(CF)を通じ、土の購入・運搬資金などを募るプロジェクトが17日、始まった。青銀野球部の小比類巻英史監督と県高野連の赤井茂樹会長や高橋聡理事長、玉熊康成副理事長が同日、青森市役所を訪れ、同市営球場(ダイシンベースボールスタジアム)への土の寄贈を小野寺晃彦市長に報告した。

...    
<記事全文を読む>