夏の甲子園大会と高校野球地方予選の代替として行われる夏季県高校野球大会で、決勝と準決勝の計3試合がプロ野球埼玉西武ライオンズの本拠地「メットライフドーム」(所沢市)で行われることになった。県高校野球連盟が17日、発表した。西武球団から球場を無償で提供する申し出があったという。
 坂上節会長は「感謝している。甲子園でプレーする夢はついえたが、プロの球場で試合を戦うという新たな目標ができたら」と語った。代替大会は8月8日に始まり、準決勝は22日、決勝は23日に行われる予定。
 西武の辻発彦監督は「甲子園が中止になって、何とか高校球児が活躍する場ができればと思った。われわ...    
<記事全文を読む>