今夏の全国高校野球選手権大会とその出場権を懸けた地方大会が新型コロナウイルスの影響で中止が決まったことを受け、和歌山県高校野球連盟は15日、独自で開催する代替大会の詳細を発表した。7月18日に開幕し、和歌山市の紀三井寺球場を会場にトーナメント方式で優勝を争う。8月5日に決勝がある。

 大会の名称は「2020 夏 高校野球和歌山大会」。組み合わせ抽選は今月26日に和歌山市の和歌山ビッグ愛で開き、各校の期末試験などの期間も考慮して日程を決める。39校が出場する予定。

 「県内の球児にとって聖地である紀三井寺球場で真剣勝負をしてほしい」という県高野...    
<記事全文を読む>