福井県高校野球連盟は6月12日、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった今夏の全国高校野球選手権福井大会に代わる独自の「福井県高校野球大会」を開催すると発表した。7月18日に開幕し、決勝は8月3日の予定。

 県内の高校野球部員の中には休校の長期化で遅れている学業を優先するため、やむなく部活動を引退した3年生もいる。顧問の一人は「つらい決断をさせてしまい心苦しい」と複雑な思いを明かす。

 ある高校は3年生全員が引退を決め、部活に区切りを付けた。今回の独自の県大会には2年生主体で臨む見込み。ただ、大会の決定を受けて気持ちが揺れている3年生もいるという。顧問は「ひ...    
<記事全文を読む>