日本高野連は10日、8月に兵庫県西宮市の甲子園球場で「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」を開催すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止になった今春の第92回選抜高校野球大会の出場校に選ばれていた32校を招待する。九州からは鹿児島城西、大分商、明豊(大分)、創成館(長崎)が招待される。対戦カードは7月18日の各校主将によるオンライン抽選会で決まる。

 明豊は大分県別府市の同校グラウンドで行った練習の冒頭、赤峰淳部長が部員たちに交流試合の開催を知らせた。エースで主将の若杉晟汰(3年)は「なんでマスコミの人たちが来ているのかと思っていた。信じられません」と...    
<記事全文を読む>