日本高野連は10日、8月に兵庫県西宮市の甲子園球場で「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」を開催すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止になった今春の第92回選抜高校野球大会の出場校に選ばれていた32校を招待する。九州からは鹿児島城西、大分商、明豊(大分)、創成館(長崎)が招待される。対戦カードは7月18日の各校主将によるオンライン抽選会で決まる。

 23年ぶりに選抜大会出場の切符を手にしていた大分商のグラウンドでも午後4時すぎ、交流試合の開催が部員に伝えられた。渡辺正雄監督は「正式に…」と言いかけて数秒黙り込み、涙をこらえながら「また甲...    
<記事全文を読む>