美祢青嶺高校の野球部員が7日、練習の後、全国高校野球選手権山口大会に代わる独自の大会開催を決めた県高校野球連盟に感謝の気持ちを伝えるメッセージを掲げた。

 野球部は「応援されるチーム」を目指して練習に励んできたが、新型コロナウイルス感染症の影響で4月中旬以降、活動を休止。3年生7人にとって最後の選手権大会が中止になった。

 5月25日に練習を再開。7日は美祢市の宇部サンド美祢球場で紅白戦を行った。広い球場で思いきりプレーした後、父母らが見守るバックネット裏に向かって「感謝 高野連」というメッセージを披露。紙1枚に1文字を印刷し、部員22人のうち5人が掲げて謝意を...    
<記事全文を読む>