群馬県高野連は6日、前橋工業高で理事会などを開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった第102回全国高校野球選手権群馬大会に代わる県独自の大会について、開催に向けて検討していくことを決めた。会場や試合形式といった詳細は未定。開催する場合は、7月半ば以降になる見通し。

◎警戒度1の部活再開から4週間の準備期間設ける
 中西信之会長は同日、記者団に対し、県指針に基づく新型コロナの4段階の警戒度が2から1に引き下げられ、部活動再開や県内での対外試合実施が可能になることが協議を進める前提だと説明した。大会名称や特別規定などは今月中に加盟校説明会と評議員...    
<記事全文を読む>